加藤 進昌(かとう のぶまさ)略歴

公益財団法人神経研究所理事長。東京大学名誉教授。昭和大学発達障害医療研究所長。

1947年、愛知県生まれ。東京大学医学部卒業。
帝京大学精神科、国立精神衛生研究所、カナダ・マニトバ大学生理学教室留学、
国立精神・神経センター神経研究所室長、滋賀医科大学教授などを経て、
東京大学大学院医学系研究科精神医学分野教授、東京大学医学部附属病院長、
昭和大学医学部精神医学教室教授、昭和大学附属烏山病院院長を歴任。
専門は精神医学、発達障害。
2008年、昭和大学附属烏山病院に大人の発達障害専門外来を開設し、
併せてアスペルガー症候群を対象としたデイケアを開始。
2013年からは神経研究所附属晴和病院でもリワークプログラムと組み合わせた
発達障害デイケアを開設した。
2014年烏山病院内に開設された昭和大学発達障害医療研究所で、
脳科学研究戦略推進プログラムおよび文部科学省共同利用・共同研究拠点として、
発達障害の科学的理解と治療研究に取り組んでいる。

著書

・加藤進昌:「大人のアスペルガー症候群」講談社、2012
・加藤進昌、神庭重信、笠井清登編「テキスト精神医学改訂4版」南山堂、2012
・加藤進昌:「あの人はなぜ相手の気持ちがわからないのか~もしかしてアスペルガー症候群!?」PHP研究所、2011
・加藤進昌:「ササッとわかる大人のアスペルガー症候群との接し方」講談社、2009
・加藤進昌(編)「東京大学精神医学教室120周年」新興医学出版社、2007
・N Kato, M Kawata, R.K.Pitman(Eds): PTSD:Brain Mechanisms and Clinical Implications, Springer, 2006
・「とらわれの脳」Bruce S. McEwen, Harold M. Schmeck, Jr.(著)定松美幸(訳)加藤進昌(監訳)増井晃、 石田展弥(翻訳協力)、学会出版センター、2003
・看護のための最新医学講座第12巻「精神疾患」加藤進昌(編)、中山書店、2002
・加藤進昌、樋口輝彦(編):「PTSD 人は傷つくとどうなるか」日本評論社、2001
・N Kato (Ed), The Hippocampus: Functions and Clinical Relevance, Elsevier,1996
・佐藤光源、加藤進昌(編)「てんかん:けいれん準備性と発作発現の神経機構」、学会出版センター、 1995
・加藤進昌、高橋清久(編)「精神疾患の分子遺伝学」学会出版センター、1992
・三國雅彦、樋口輝彦、加藤進昌、高橋清久(編)「躁うつ病の薬理生化学[Ⅱ]」、金剛出版、1992
・高橋清久、樋口輝彦、加藤進昌、三國雅彦(編)「躁うつ病の薬理生化学[Ⅰ]」、金剛出版、1989
・加藤進昌、兜真徳:「神経ペプチドの基礎と臨床」金剛出版、1987
(2016年4月現在)
アクセスマップ
  • デイケア(リワーク・プログラム)について
  • 作業療法について